頭が重い 気持ち悪い

頭が重い時や気持ち悪い時の原因と対処法

スポンサーリンク

普段から頭が重い、と感じている人は多いでしょう。
頭が重いと感じる原因には、脳腫瘍や耳鼻科疾患などの病気が原因の場合があります。
一般的な原因としては、日頃のストレス、肩こりや首元の疲れなどが挙げられます。
病気が原因と思われる場合は、速やかに専門医で受診を受けるようにしましょう。
疲れが原因の場合、長時間のデスクワーク、いつも同じ姿勢で居る事で目や肩に負担がかかり、疲れが蓄積されやすくなります。
その為疲労が取れず、頭が重いなどの片頭痛を引き起こしてしまいます。
またストレスが原因の場合、仕事などのプレッシャーによる精神的な不安を抱え、痛みに敏感になる事が頭が重いと感じる要因になります。
睡眠不足も原因の一つとして挙げられます。
このような日常生活での原因の対処法としては、長時間のデスクワークをする時は休憩を挟み軽いストレッチやマッサージをします。
ストレッチやマッサージで血行を良くし、身体をほぐす事が大切です。
血行を良くさせる方法として、入浴やホットタオルで温める方法もいいでしょう。
またストレスの対処法ですが、これはとにかく規則正しい生活を心がけ、ストレスを溜めないようにするという事が重要です。
あまり物事を深く考え込まず、気楽に過ごしてストレスを軽減するようにしましょう。

スポンサーリンク

朝起きると『気持ち悪い』と感じる事があります。
前日の飲み会や食事会などで無理をした場合、寝ている時に胃に負担がかかり、朝に気持ち悪いという症状として起こります。
『二日酔い』というのもこれに当てはまります。
原因としては、前日の暴飲暴食、日々の疲れ、また緑内障も原因となる場合があります。
主な原因は、暴飲暴食による胃への負担ですが、ストレスが原因で気持ちが悪いと感じる場合もあります。
また寝ている時の胃への負担は、『胃炎』や『逆流性食道炎』などの病気を引き起こす可能性があるので注意しましょう。
対処法としては、柑橘系のアロマオイルで気分を落ち着ける方法があります。
朝起きた時や、日中気持ち悪いと感じた時にこのような香りを嗅ぐと落ち着く場合があります。
また起きぬけに水を飲んで、血の巡りを良くする方法もあります。
前日の疲れによる体調不良で気持ち悪いと感じる時は、不調を緩和させる効果もあるのでこの方法も有効です。

スポンサーリンク