頭が重い くらくら めまい

頭が重い、くらくら、めまいの症状の原因

スポンサーリンク

誰でも頭が重い、くらくら、めまいが起こることがあります。
そのような体の不調の原因は、首コリが引き起こす、頚性神経筋症候群という病気が原因になっているかと思われます。
現代社会に生きる人の多くは、長時間パソコンやスマートフォンなどを利用しています。
パソコンやスマートフォンなどを使用すると、同じ姿勢をずっとたもつ事になり自然と首がこってきます。
首の筋肉に負担をかけているので、首の内側に副交感神経に異常が出ている場合があります。
また、頭が重い、くらくらする原因としてほかに二度寝があります。
二度寝をすると神経伝達に関係のあるセロトニンという物質が分泌されることで欠陥が拡張して、感覚神経を刺激し、感覚神経周辺が軽い炎症を起こし頭が重い、くらくらするといった症状が起きてしまいます。
偏頭痛を患っている人はこのような症状が出やすくなるので、二度寝はやめたほうがよいです。

スポンサーリンク

また、めまいが起こる症状として考えられるのが、自律神経失調症の症状などが考えられます。
原因として一般的にストレスが考えられます。
そして上記で書いたとおり、首コリもその原因が関係しています。
首の筋肉に異常が出ると、頚椎の中心にある副交感神経に異常が出てしまい、呼吸器、内臓、血管などの管理を行う役割をしているため自律神経のバランスが崩れ、めまいなどの不調を起こしてしまいます。
パソコンやスマートフォン、ゲームなどに熱中しすぎて、長時間うつむきの姿勢になる時間が多いので首コリから頭が重い、くらくらする、めまいの原因になります。
パソコンやスマートフォンを操作するときは15分に1回は首を回しストレッチをすることと、家でできる対策として、寝具を変えてみるのもおすすめです。
慢性的に続くようならきちんと医師に相談する事も大切になります。

スポンサーリンク