群発頭痛 予防 食べ物

恐ろしい群発頭痛の予防は食べ物に気を付ける

スポンサーリンク

慢性的な頭痛は大きくわけて3つの分類に分けることができます。
1つは片頭痛です。
頭の片側だけが脈打つような痛みがあり、時には吐き気、嘔吐を伴い立っているのも辛いという症状です。
人によっては閃光を直接見たあとのような前兆症状を伴ってから発症する場合もあります。
また雨の降りそうな曇り空の日に発症するケースが多いです。
2つ目は緊張型頭痛です。
頭全体が締め付けられるような痛みがあり、動くと楽にはなりますが、めまいやふらつきを伴う場合もあります。
ストレッチやシャワーをすることで改善することもあり、ストレスが原因で引き起こされる病気です。
そして最後は群発頭痛です。
この群発頭痛は目をえぐりだされるような激痛があり、あまりの痛さにのたうちまわるというのが特徴です。
頭痛は長いときで1〜2か月起こり、その後症状がいったんなくなり、数か月後にまた発症されます。
社会的にも認知は少なく、また特効薬もないためにかかる非常に大変な病気だといえます。

スポンサーリンク

ではこの恐ろしい病気にならないためにどのような予防方法があるのでしょうか。
この群発頭痛はまだまだ解明されておらず直接的有効な手段というのはありませんが、先ほど挙げた3つの頭痛に共通することは生活を改善するということです。
もちろん頭痛だけではなく様々な病気に言えることですが、生活習慣やストレスの改善や食べ物や飲み物を変えるだけで予防はできると思います。
今はストレス社会や食べ物の欧米化などの社会的背景の変化に伴い様々な病気を引き起こされます。
ストレスからアルコールに依存してしまいますし、食べ物の欧米化で油を含んだものを食べる機会が増えました。
実はこれが頭痛を引き起こす原因です。
アルコールや油が多く含んだ料理は血液の循環を悪くし、もともとサラサラの血液をドロドロにしてしまいます。
実際に群発頭痛の患者さんはアルコールや油が多く含んだ料理は食事制限をし予防されているかたが多いです。
病気になったかたはその病気の辛さをよく理解しているのでならないために予防や対策をしっかりされています。
群発頭痛のような非常に恐ろしい病気にならないためには自分の私生活が食生活が本当に正しいか見直さなければなりません。
もし自分が頭痛持ちであれば、より症状が悪くならないためにしっかりと対策をしましょう。

スポンサーリンク