頭痛 原因 頭を振ると痛い

頭を振ると痛い頭痛の原因

スポンサーリンク

からだがだるいと感じることがあります。
この時に頭痛を伴うことがありますが、何らかの身体的疾患から頭痛が現れるときには、突然激しい痛みに襲われることが多くなっています。
手遅れになると命の危険に関わることもあるので、すぐに対処をする必要があります。
くも膜下出血や脳腫瘍や脳出血、このほかには髄膜炎など脳に関係している病気はたくさんあります。
この中で頭を振ると痛いという場合には、片頭痛の可能性が高くなります。
しかし頭を振ると痛いときに、他に吐き気や嘔吐などの症状が見られるときには、注意が必要です。
これらの症状がある場合には、病院をできるだけ早く受診する必要があります。
頭痛とひと言で言っても原因や症状がさまざまとなっています。
そのなかで命に関わるものやそうではないものがあります。
頭を振ると痛いと感じるときに考えられるのは片頭痛となっています。

スポンサーリンク

これはどのような原因や特徴があるのかというと、頭の片側が拍動的に痛むことが多くなっています。
また痛みに耐えることができずに寝込んでしまうということもあります。
日常生活や仕事に大きな影響を与えることになり、キラキラとした光や点や線が見えることがあります。
しびれのような前兆が現れるというのが大きな特徴となっています。
なぜこのような痛みが発生するのかという原因に関しては、脳の表面の血管が拡張しているということと、血管の周りの神経に由来している部分が炎症していることが関係しています。
月に複数回このような症状が見られる場合には、予防薬が処方されることもあります。
頭を振ると痛いと感じたり、吐き気を伴ったり胃がむかむかすることがあります。
このほかに光をまぶしく感じたり音に敏感になったりというような症状も現れます。

スポンサーリンク