カロナール 市販薬 授乳

授乳中でも使える市販薬のカロナール

スポンサーリンク

頭痛や発熱時に使われる鎮痛剤または解熱剤にカロナールという薬があります。
病院やクリニックを受診した際に処方される、一般的に広く認知されている薬です。
鎮痛剤や解熱剤を服用する際の副作用として胃が荒れたり下痢をしたりといった症状が稀に現れる事がありますが、カロナールはその中でも比較的に優しく穏やかな効果をもたらす薬なので副作用も少ないです。
心配な人は食後に服用したり胃薬と併用する事で副作用の予防になります。
体に負担が少なく体の抵抗力の弱い小さな子供からお年寄りまでが安全に使用できる薬です。
ドラッグストアでは市販薬としても販売されており、急な痛みや発熱、忙しくてなかなか病院を受診できない時に気軽に服用できて症状を和らげるメリットがあります。
頭痛の他にも生理痛や歯痛など体全体の不調に効果が期待できます。

スポンサーリンク

妊娠中や授乳中の女性は胎児や赤ちゃんへの影響を考慮して使用できる薬が制限されます。
妊娠中は胎盤から、授乳中は母乳から薬の作用が母体から赤ちゃんに出てしまいます。
しかしカロナールは他の薬に比べて影響が少ないとされており、妊婦や授乳中の女性にも処方される薬です。
受診の際には医師に、市販薬の場合は薬剤師に、必ず妊娠または授乳中である事を相談してから服用すると安心です。
妊娠中は母体に高熱が出ているとその分、胎児への影響が心配されます。
授乳中は気になるようでしたら、服用する時間を授乳後にすると次の時までに時間が空くので薬の影響が薄れます。
どちらも症状を我慢して無理している方が母体にも赤ちゃんにも悪影響なので、早めに病院を受診するか市販薬を取り扱う薬剤師に相談すると良いです。
独断で服用する事は危険ですので止めましょう。

スポンサーリンク