こめかみ 押すと痛い 腫れ

こめかみの腫れと押すと痛いとき

スポンサーリンク

こめかみを押すと痛いと感じることがあります。
このほかに腫れを感じることもあります。
このようなこめかみを押すと痛いときや腫れがある場合には、何か異常が発生している可能性があります。
しばらく痛みに耐えていても仕事に集中することができなくなってしまいます。
したがってこのような場合には病院を受診するようにします。
こめかみを押すと痛いときや腫れを感じるときに考えられる病いいとしては、顎関節症があります。
一度は耳にしたことがある病気となっていますが、顎に関係する病気となっています。
顎関節症とはどのような特徴があるのかというと、顎の関節の周りに何らかの異常が発生している状態です。
とくに口を開けたときに顎に痛みを感じたり、顎関節がかたかたと音が鳴るというようなことがあります。
このほかにはこめかみを押すと痛いと感じたり口を開けることができないなどの症状があります。

スポンサーリンク

最近ではこの病気を発症する人が多くなっています。
顎関節症は、最近では若い人に多くなっていますが、これだけではなく高齢者まで幅広く見られる病気となっています。
とくに20代や30代の女性の患者さんが多くなっています。
症状が軽いという人もいれば、重症の場合もあるので、安易に考えないようにします。
重症になるとめまいを感じたり痛みが全身に回ってしまうということもあります。
毎日の生活の中で苦痛を感じるようになるので、精神的なダメージも大きくなってきます。
原因として考えられることはいくつかあります。
代表的な症状としては、顎が痛いというものがあります。
このほかには口を大きく開けることができなくなります。
顎を動かしたときに音が出るというのも大きな特徴です。
かみ合わせに違和感があったり、口をしっかりと閉じることができないというような症状もあります。

スポンサーリンク