頭痛 耳の後ろ ズキン

耳の後ろがズキンと痛む頭痛について

スポンサーリンク

頭痛を発症することがありますが、症状や痛みの感じ方には個人差があります。
そのなかで耳の後ろにズキンとするような痛みを感じるということがあります。
この時に考えられるのは片頭痛となっています。
これは脳の中やその周辺になる血管が拡張していることが原因となっています。
このほかに血管の周りが炎症を引き起こすことによって、痛みが発生するようになっています。
目がちかちかしたり肩が凝るというような前兆が見られることが多くなっていますが、この後にズキンという耳の後ろに痛みを感じることが多くなっています。
これらの症状は片頭痛の大きな特徴となっています。
しかし耳の後ろがズキンと痛むような症状だけでは、他に病気の可能性が考えられます。
ここで考えられるのは、後頭部と首の筋肉をつないでいる腱が炎症を引き起こしているということが考えられます。

スポンサーリンク

この時に生じる筋肉の痛みが頭痛と感じてしまうという人もいます。
この時の確認方法としては、後頭部と首のつなぎ目を押してみるようにします。
そうするとピンポイントで痛みを感じるようになっています。
このような痛みを感じるときには、筋肉や腱が炎症を引き起こしている可能性が高くなります。
仕事などで下を向いて作業をすることが多いという人がいますが、ここで首に大きな負担がかかってしまうと、ストレートネックという頚椎に自然なカーブがなくなってしまうという症状を引き起こすことがあります。
このような自然なカーブがないとどうなってしまうのかというと、頭の重みを分散することができなくなるので、首に大きな負担がかかることになります。
これは姿勢が悪い人によく見られるようになっています。
デスクワークや料理など下を向いて作業をすることが多い場合には、注意が必要となります。

スポンサーリンク