頭痛 チクチク こめかみ 原因

こめかみがチクチクする頭痛の原因と対策

スポンサーリンク

こめかみがチクチク痛む頭痛は、通常早朝や、起床時、起床後の早めに発症することが多いようです。
一年中症状が発生する場合もありますが、多くは決まった季節の節目に発症することが多いです。
この症状の根本原因はわかっていません。
主に、生活習慣によるところもありますが、体温・血圧と関連していると考えられます。
通常就寝前の体温と早朝の体温では早朝の体温が低くなります。
血圧も同様です。
また、就寝前の外気温と早朝の外気温も温度がありますが、これも原因の一つと考えられます。
特に季節の変わり目は温度差が格段に上がるため、体温コントロールが正常に行えなくなり、結果として早朝の起床時に、血流が変わりこめかみがチクチクする頭痛が発生します。
これは、脳の毛細血管の収縮により、収縮活動が痛みとして伝達され、頭痛につながっています。

スポンサーリンク

こめかみがチクチクする原因は、眼球周りの血管収縮活動によるものも考えられます。
このような頭痛は、偏頭痛とも呼ばれており、症状発生後は安静にする事、血管収縮活動の抑制がされることを待つことになります。
そのため、症状が発生してから治療を行うことは難しく、症状が発生する前に症状を発症させない対策が有効と言えます。
根本的な解決は原因不明ですが、予防対策が可能となります。
夜、就寝前に、血管の収縮を抑える薬を服用することで、翌朝の起床時に血管収縮を防ぐことが可能となります。
結果、頭痛自体の抑制を行うことが可能となります。
薬の服用は、通年を通して服用するのではなく、自身の症状の発生する時期・季節に合わせて、服用するようにする必要があります。
この時期には、飲酒・喫煙を避けることも重要です。
特に喫煙を行うと血管の収縮を促すことにつながるため、注意が必要です。

スポンサーリンク