こめかみ チクチク 病気 サイン

こめかみがチクチク痛む場合の病気のサイン

スポンサーリンク

こめかみがチクチク痛むケースは、通常早朝や起床時・起床後の早めに発生することが多いです。
一年中症状が発生する場合もありますが、多くは決まった季節の節目に発症することが多いようです。
これは、病気のサインと考えるべきです。
その主な原因は、生活習慣によるところもありますが、体温・血圧と関連していると考えられます。
通常、就寝前の体温と早朝の体温では早朝の体温が低くなります。
血圧も同様です。
この状況に対して、就寝前の外気温と早朝の外気温も温度差があります。
特に季節の変わり目ではその温度差は格段に上がるため、体温コントロールに不調が発生してしまうことが想定されます。
この結果、早朝起床時に急激に頭から下半身に血液が流れることで、脳の毛細血管の収縮が生まれて、こめかみがチクチクするといった症状が現れてきます。

スポンサーリンク

起床によりこめかみがチクチクする症状は、病気のサインとなります。
但し、このような病気は、CTやMRIといった検査でも原因を追究することが難しいことが多いです。
症状としては、偏頭痛に近い症状とおもわれます。
この症状が発生する前には、目がチカチカする等のサインがあることが一般的です。
根本原因は、未解決ですが、原因として頭の毛細血管の収縮によるものが多いため、血管の収縮状況を抑制することが、この病気の対処方法の一つになります。
血管収縮では、症状が緩和するまで、安静することしかできないため、そもそも収縮が発生しないように抑制することが、予防対策となります。
夜就寝前に、血管の収縮を抑える薬を服用することで、翌朝起床時にも血管収縮を防ぐことができるため、症状自体を抑制することができます。
根本的な解決先ではありませんが、病気とうまく付き合う方法の一つとなります。

スポンサーリンク