バファリン 授乳中 影響

授乳中のバファリンの影響

スポンサーリンク

妊娠中や授乳中には母親が服用する薬の影響が胎盤や乳汁を通じて胎児や子供に移行する為に薬剤の使用は慎重に行わなければなりません。
しかし突然あらわれる体の不調により薬の服用の判断に迷ってしまうと言うケースは多くその場合自己判断での薬の服用には注意が必要です。
一般的に良く使用される市販薬の中にバファリンがありますが、これは頭痛を改善させる鎮痛剤として有名な薬です。
しかしこのバファリンには授乳中や妊娠中には控えた方が良いとされる薬でもあるのです。
バファリンに含まれるアスピリンと言う成分が乳汁に移行する事で子供が肝障害や脳障害を引き起こし、そして妊娠初期の段階でのアスピリンの服用は子宮収縮による出血や流産の危険性があるとされています。
バファリンは頭痛や生理痛等辛い痛みを和らげる効果が非常に高い薬剤ですが、妊娠中や授乳中の服用は避ける必要があるのです。

スポンサーリンク

授乳中や妊娠中に頭痛の症状があらわれた場合には、まずかかりつけの医師に症状を伝え子供に悪影響を与える事の無い薬を処方して貰わなければなりません。
鎮痛剤の中でもアセトアミノフェンは妊娠中や授乳中であっても安心して服用出来る薬であり、胎児や授乳中の子供に対する悪影響は無いとされています。
市販薬にもアセトアミノフェンが含まれる鎮痛剤がありますが、中には効果を高める為の成分が含まれている場合もありますので自己判断での市販薬の使用は避けた方が良いでしょう。
妊娠中や産後はホルモンバランスの急激な変化により頭痛が悪化しやすくなります。
どうしても症状が辛い場合にはかかりつけの産婦人科に相談し悪影響の無い薬を処方して貰うようにしましょう。
そして薬の影響がどうしても心配な為に服用を避けたいと言う場合には、後頭部を冷やす事で頭痛を和らげる効果が期待できます。

スポンサーリンク