授乳中 頭痛薬 バファリン

授乳中に頭痛薬のバファリンを飲んでもいいか

スポンサーリンク

授乳中は、母乳を通じて血液中の成分が赤ちゃんに移行してしまうため、お母さんは様々なものを我慢しなければなりません。
アルコール、煙草、カフェインなとが代表的なものですが、薬についても気をつけなくてはなりません。
そのため、頭痛があっても安易に頭痛薬を使うことはできません。
もちろん成分的に問題ないものもありますが、中には服用しないほうがいいものもあります。
バファリンも頭痛薬の一つですが、授乳中の服用についてはすすめられていません。
なぜかというと、アスピリンという成分が入っているためです。
このアスピリンという成分が頭痛を緩和するのですが、赤ちゃんにも影響を与えてしまいます。
悪影響を与えることはありませんが、赤ちゃんには基本的に不要な成分のため、服用しないほうがよいとされています。
詳細についてはバファリンのホームページなどで確認するとよいでしょう。

スポンサーリンク

授乳中にお母さんがバファリンを服用してしまうと、アスピリンの影響で赤ちゃんの便が緩くなることもあります。
他にも何らかの影響がでる可能性があります。
そのため、原則としては服用しないほうがよいでしょう。
というものの、うっかり飲んでしまったということもあるかもしれません。
そのような場合は、半日ほど授乳をしないようにし、様子を見るようにします。
薬は半日ほどで血中濃度がかなり薄くなるので、半日ほど経てばある程度心配はなくなります。
それでも心配な場合や、赤ちゃんに何らかの症状がでてしまった場合には医師の診察を受けましょう。
また、頭痛薬に限らずなんらかの症状がでて薬が飲みたいという場合で、飲んでもいいか心配なときはあらかじめ医師や薬剤師に相談してから服用するようにすると安心です。
心配なときは自己判断せず、相談してからにしましょう。

スポンサーリンク