緊張型頭痛 コーヒー 効果 悪影響

緊張型頭痛にコーヒーが悪影響と逆効果を及ぼす

スポンサーリンク

多くの人が頭痛で悩まされた経験があると思いますが、頭痛にもいろいろな種類があり偏頭痛や緊張型頭痛のような一次性頭痛と呼ばれるものと、外傷性や感染性などから起こる二次性頭痛と呼ばれるものなどがあります。
そのうち一次性頭痛に分類される緊張型頭痛は頭部が締め付けられるような痛みが発生する特徴があります。
これが直接生命に影響するというものではないのですが、様々なストレスや身体的な外圧や運動不足から発生することが分かっており、身体的にも精神的にも疲弊している状態に発生するとも言えることから、この種の頭痛が発生すると体からの警告とも言えなくはありません。
何もせず放置しておくことが一番の悪影響を及ぼしますので、適度な運動や趣味を行い、ストレス発散やストレス解消を行うことで発症を抑え、状態を改善する効果を感じることができます。

スポンサーリンク

また緊張型頭痛の改善効果に悪影響を及ぼすと言われているものにコーヒーがあります。
一般的にコーヒーには血流を活発にする働きを促進する効果があると言われていますが、逆に血流を悪化させ頭痛を頻繁化させ、慢性化させる原因となるという研究結果も出ています。
コーヒーのようにカフェインが含まれるものに緑茶や紅茶、ココアなどがあり、近年ではこうした飲料を低年齢の子供たちも摂取することが増えたためか、緊張型頭痛の症状を訴える子供も多くなっているとのことです。
他の食生活の悪影響もあるものと思われますが、こうしたカフェイン含有の食物が関係している可能性があることを理解しておくことが肝要です。
ストレスからくることが多いということから、ゆっくりのんびりした時間を過ごし、身体的にもリラックスできる環境を作ることが大切になります。

スポンサーリンク