毎日頭が痛い 原因不明 治療

原因不明の毎日頭が痛い症状に対する治療方法

スポンサーリンク

頭痛になるケースは、多くの区分にわかれますが、主に起床時、起床後の朝食後等に発生することが多いです。
症状が発生すると、毎日頭が痛い状況になりますが、一年中症状が続くことはあまりありません。
多くの場合、特定の季節や季節の変わり目に発生することが多いようです。
この症状に対する恒久的な治療方法はなく、原因不明となっています。
頭痛になる主な原因は、生活習慣による所もありますが、体温・血圧が関連している場合があります。
通常、就寝前の体温と早朝の地温では早朝の体温が低くなります。
血圧も同様です。
さらに、就寝前の外気温と早朝の外気温も温度差があります。
特に季節の変わり目ではその温度差は格段に上がるため、体温コントロールができなくなってしまうことが想定されます。
この結果、早朝の起床時に体温変化・血圧変化・外気温に対するコントロールが起因して、毎日頭が痛いという原因不明の症状が発生すると考えられます。

スポンサーリンク

この症状に対する治療方法は、原因不明のため、恒久対応が難しいです。
主な頭痛のメカニズムとして、脳内の毛細血管の収縮活動により、その活動が痛みとして、伝達されて頭痛になっていきます。
頭痛になってしまった場合には、その治療方法は安静にすること、血管収縮活動の抑制がされるのを待つことになります。
そのため、毎日頭が痛い症状が発生してから、暫定的に治療を行うことは難しく、頭が痛くなる前に、症状を発症させない対策が有効となります。
根本的な解決は原因不明のため、難しいですが予防対策が可能となります。
夜就寝前に、血管の収縮を抑える薬を服用することで、翌朝起床時にも血管収縮を防ぐことができるため、頭痛自体の抑制を行うことが可能となります。
この症状は、偏頭痛にもよくみられる症状で、一定の季節・期間を過ぎると発症しなくなります。

スポンサーリンク